【自宅でスパイスカレー】4回目にして ようやく上手くできた(どこをどう変えたか)

ども!ささみです。

時間を見つけては ちょいちょい自宅でスパイスカレー作りしてましたが、4回目にして遂に納得のいくカレーが出来ました!

いままでとの変更点をシェアします。

前回と変えたポイント

自宅スパイスカレーをいままで3回作ってきました。満足の行く味にならず、ちょいちょい試行錯誤してました。

第1回目はこちらです。
>>>カレーをスパイスから自作してみる!カレールーはもう卒業 / 実践編

そして4回目の今回、変えてみた点はこちらです。

  • タマネギをミキサーにかけた
  • スパイスを多く入れた
  • トマトを入れないようにした
  • ブイヨンをしっかり作った
  • スパイスを入れるタイミングを変えた
  • めちゃくちゃかき混ぜた

1つずつ見ていきます。

タマネギをミキサーにかけた

どんなカレーを作りたいかによりますが、こってりカレーが希望ならタマネギは細かい方がいいです。

今まで包丁で頑張ってみじん切りしていましたが、今回はミキサーにかけました。

より細かく刻んだことで上手くできました。

タマネギに関してはこちら
>>>カレーのタマネギはどうする?みじん切りと薄切りでどう変わるのか検証

スパイスを多く入れた

加減がわからないのもありましたが、今回は思い切ってしっかりと入れてみました。

そしたら上手く行きました。そもそもスパイスとは味付けじゃなく 香り付けのためです。

スパイスは たくさん入れても味が濃くなるわけではなく、香りが強くなるだけです。塩とは違います。思い切って多く入れて成功しました。

そしてスタータースパイスとして、クミンシードを購入し 使ってみました。こちらも使ってみて良かったです。

トマトを入れないようにした

YouTubeなどで いろんな人のスパイスカレー作りを見ていると、トマトを使っている人が多かったんです。

初心者なので 見よう見まねで真似していましたが、どうもダメなんです。

トマトの酸味が強すぎて、どうもカレーっぽくありません。

原因は 炒める時間が少ないから とのことです。炒める時間を増やせば良いのですが、多くの時間とガス代を使うのもどうかなと思いまして、結果 微妙な仕上がりに。

なので思い切って トマトを抜いてみました。そしたらこっちのほうが良かったです。

ブイヨンをしっかり作った

カレーを水で薄めるのと、ダシで薄めるのは全然違いますよね。そう思ったので、しっかり作ってみました。

かといってトマトと同様に あまりガス代をかけたくないので、日頃の料理でブイヨンを取ることにしました。

使うのは 宮崎の銘柄鶏 霧島鳥の手羽先です。デカい骨付き肉からブイヨンを取ります。

ちなみに手羽先の身はカレーでは使いません。使うのはダシだけです。じゃあどうするかというと、手羽先は おかずとして普通に食べます。

手羽先はどちらにしろ 火を通さないと食べれない

それなら焼かずに 茹でて食べよう

ついでにダシも取れる

というわけです。

手羽先もめちゃめちゃ美味しい上に、めちゃめちゃダシが出ます。手羽先のダシと合わせて、タマネギもブイヨンを取る為に入れました。

結果、濃厚な味わいのカレーが出来ました。

スパイスを入れるタイミング

「スパイスを煎ると良い」という情報を聞き、実践していました。

ですが やり方が悪かったのか、煎りすぎてコーヒーの粉みたいな色になってしまいました。

煎すぎると香りが損なわれるそうで、料理の技術も無いので ここは煎ることをやめました。

スパイス投入のタイミングは、具を炒め終ったときです。火を止め 具にスパイスを混ぜ込むようにしました。

すると 香りもそのままで上手くできました。

めちゃくちゃかき混ぜた

スパイスカレーを作ってみて、なんだか違うなと思ってました。コッテリ感が無いんです。固形の具と水分が上手く混ざらないのです。

理由はさまざまあるでしょうが、混ぜるのが足りないとの情報を得ました。

ドレッシングをサラダにかける前に 上下に振る原理と同じです。

とにかく混ぜました。それから冷蔵庫に1日置いたカレーをとり出して また混ぜました。

すると分離が無くなり、いい感じになりました。

まとめ

以上の6点を変更し、改善してみました。手順に関しては また記事にしたいと思います。まとめです。

  • タマネギをミキサーにかける
  • スパイス量を増やす
  • トマトは入れない
  • ブイヨンをしっかり作る
  • スパイスを入れるタイミングを考える
  • 頻繁にかき混ぜる

↑TopPage↑

 
むてんかにいさん 
代替テキスト       Follow
 
ささみ

 

   

まいにちは無理でも、すべては無理でも、口に入れるものに少しだけこだわってます。家では玄米生活、でもラーメン大好き。食べたいもの食べます。死ぬまで生きる!

カレーに関する記事はこちら

Twitterもやってます!