カレーをスパイスから自作してみる!カレールーはもう卒業 / 実践編

でし

スパイスカレーって聞くとなんか難しそうだよなー
たくさんスパイスを買い揃えて
めちゃくちゃ複雑な調理工程とかが待ってるんだろうなぁ
やっぱりまだ早いかな

なんて思っている方いませんか? 実はぜんぜんそんなことありません!

ポイントは3つです。スパイスカレーは、

スーパーで何種類かスパイスを買って、
カレールーを使うのとほぼ同じ手順で、
自分だけのオリジナルカレーが作れます!

この記事はこんな方におすすめ!
  • スパイスカレーを作ってみたい
  • 美味しいスパイスカレーが食べたい
  • せっかくなら体に良いカレーが食べたい
にいさん

まいにちは無理でも すべては無理でも
口に入れるものには ちょっとだけこだわるべきだね

メイン具材はせっかくですのでチキンにしようと思います。

それでは行きましょう!

スパイスチキンカレー

今回はスパイスチキンカレーを作っていきます。

メインのとりは、OKストアーに売っていた霧島鳥のもも肉を使っていきます。

スパイスカレーの基礎的な部分はこちらをご覧ください。
>>>カレーをスパイスから自作してみる!カレールーはもう卒業 / 知識編

できる限り良い食材を

全ては無理ですが、できる限り添加物や農薬は避けていきたいものです。

意外なことに無農薬野菜はそんなに高くないです。霧島鳥もそうです。そこまで高価ではありません。

でし

直接添加しなくても
食材が添加物まみれだったら
意味ないからね

にいさん

せっかく家で作るんだから
添加物を最低限に抑えたカレーを作っていくよ

直売所などへ行けば、質の良い野菜を安く買うことが出来ます。そちらを活用します。

油は控えめに

市販のカレールーには かなりの油が入っています。こってり味に慣れてしまっいる人は多いです。

油の摂りすぎが体に悪いのは周知の事実です。そして質の悪い油は問答無用で体に害です。

でし

ルーを使っちゃうと
油は避けられないけど
スパイスカレーなら大丈夫!

にいさん

とはいえタマネギとか
具材を炒める時はどうしても
油を使うからね

使う油はできるだけ少なくするよう心がけ、油も健康に気を遣い オリーブオイルを使っていきます。

4つのものを作る

カレーはそんなに難しくありません。4つのものを作ります。そして合わせるだけです。

  1. ダシ
  2. スパイスパウダー
  3. ペースト
  4. 具 

これらをそれぞれ調理し、最後に1つの鍋に集めるというやり方でやっていきます。

① ダシ

ダシ(ブイヨン)を作っていきます。鳥ダシは普段から食べている “とりのたたき” を作る時に出たダシを流用します。

にいさん

ここはプロじゃないから
簡単に行くよ

でし

水で作るよりは良さそうだね

② スパイスパウダー

スパイスを火にかけ煎ります。火にかけることで香りが強調されます。

基本スパイスのクミン、コリアンダー、ターメリックの他に全部で6種類を使います。もしすべて揃わなくても、基本のスパイスさえあれば大丈夫です。

スパイスの材料
  • クミン
  • コリアンダー
  • ターメリック
  • ハバネロペッパー
  • ブラックペッパー
  • 花椒(ホアジャオ)

【弱火 / 5分】
フライパンにオリーブオイルをひき、全て混ぜ合わせたスパイスを投入します。

焦げないよう注意しつつ、良い香りがしてきたら皿に移し 完成です。

③ ペースト

カレーのペーストを作ります。最も大事な工程です。

ペーストの材料
  • タマネギ
  • トマト
  • リンゴ
  • ショウガ
  • バナナ

【強めの中火/ 30分】
1. ミジン切りにしたタマネギをフライパンで炒めます。塩を振り飴色になるまで炒めます。

2. トマトを投入します。つぶしながら水分を飛ばします。

3. すりおろしたりんごを投入します。しばらくしたらすりおろしたショウガも入れます。

4. 水分が飛んだら 最後にバナナを入れます。つぶしながら混ぜていきます。

タマネギはどうする

タマネギを炒めて水分を飛ばすことで甘みが凝縮されます。しかし シェフによってタマネギの扱いは分かれます。

みじん切りで細かくする人もいれば、千切りであまり包丁を入れない人もいます。あまり包丁を入れすぎると金属臭さが移るといいます。

また飴色になる限界まで炒める人と、軽く色が変わればやめてしまう人もいます。

初めのうちは そこまで違いがわからないので、みじん切りで飴色になるまで炒めて行きます。

画像で確認

↑火をかける前
↑火をかけて5分後
↑火をかけて10分後
↑火をかけて15分後
↑トマトを半玉入れます
↑バナナを1本入れます
↑ペースト状になったら完成

④ 具材

今回は野菜などは入れず、シンプルにとりのもも肉だけを使用します。

具材の材料
  • とりもも肉

【中火 / 5分】
ペーストを炒めた時に使った 同じフライパンを使います。

出来上がったペーストを違う皿に移し、具材をごく普通に焼きます。

良い感じに火が通ったら、最後にバーナーで炙ります。

4つを1つの鍋に合わせる

1. まずは具材にスパイスパウダーをまぶし、全体になじませます。

2. ペースト、ブイヨンを入れます。ブイヨンはぬるま湯の状態で少しずつ入れていきます。水加減は好みで調整してください。

3. 塩をすこし入れ、10分ほど煮込みます。

4. 浮いてきたアクを取り、おろしニンニクを入れます。

味見をし、必要であれば塩を追加します。

1~2日寝かせる

よくカレーは2日目が美味いと言いますが、その通りです。熟成させた方がコクが出ますので、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れます。そして1日から2日待ったら完成です。

カレー作りは簡単です。簡単ながらスパイスの調合や、具材を変えるだけで また違ったカレーになるので奥が深いです。

ぜひ自分だけのカレーを作ってみましょう。

その他いろんな人のレシピも参考にしてみてください。
>>>スパイス3つで作るスパイスカレー / S&B食品

Twitterもやってます!