カレーのタマネギはどうする?みじん切りと薄切りでどう変わるのか検証

でし

カレーに入れるタマネギって
どうするべきなんだろう?
細かく切った方がいいのか
バラ切りしておけばいいのか
全然わかんないよー!

と思っている方いませんか?正解はどちらでも大丈夫です! ただしカレーの仕上がりが変わってきます。

ポイントは3つです。カレーのタマネギは、

どう切るかで粘度が変わり
どれだけ炒めるかで粘度が変わり
時間をかければとろっとしたカレーが出来ます!

この記事はこんな方におすすめ
  • 家で美味しいカレーが食べたい
  • タマネギをどう切ればいいか知りたい
  • タマネギをどれだけ炒めたらいいか知りたい
にいさん

まいにちは無理でも すべては無理でも
口に入れるものには ちょっとだけこだわるべきだね

これを読めば、カレーにおけるタマネギの扱い方がマスター出来ます。

それではいきましょう!

タマネギの切り方

カレーのキーとなるタマネギですが、みじん切り または薄切りにします。

薄切りするにしても、繊維に沿って切る方法と、繊維を断ち切り垂直に切る方法と二通りあります。

みじん切りの方が、やはり手間がかかります。

どんな仕上がりにしたいのか

タマネギをどう切るかによってカレーの仕上がりは変わります。

みじん切りすると、とろっとしたカレー
薄切りすると、さらっとしたカレー

となります。どんなカレーを作りたいかによって使い分けましょう。

細かくみじん切りすればするほど、とろっとしたカレーが出来ると言えます。また薄切りの場合、繊維に沿って切る方が よりさらっとしたカレーに仕上がります。

弱火では炒めない

お好みの形に切り終わったら、いざ炒めていきます。

タマネギの水分を飛ばす作業になりますが、コツは中火~強火で炒めることです。弱火でじっくり時間をかけて炒める必要はありません。

焦げすぎはダメですが、香ばしさを出すために 多少焦げるくらいでも大丈夫です。

勇気を持って強めの火力で炒めましょう。

炒めるコツはあまり動かさないこと

焦げるのが心配でずっとかき混ぜてしまいがちですが、それだとタマネギに火がうまく通りません。

しばらく待って水分が出てきたら混ぜる、また待ってしばらくしたら混ぜる を繰り返します。

ただタマネギに色が付いてきたら、少し火を弱めるようにしましょう。

どれくらい飴色にするか

水分を飛ばすことによって、タマネギの辛味が飛び甘みが引き立つようになります。

15分くらい炒めるとこんな感じです。

相対的に甘みが強くなる現象をメイラード反応と言いますが、水分を飛ばせば飛ばすほど それが強くなります。

色が濃くなるほど、水分が飛んだ状態といえます。そしてどこまで炒めるかは、一流シェフによっても意見が分かれています。

どんな仕上がりにしたいのか

限界まで炒める人もいれば、軽く色づいてきたらやめてしまう人もいます。

こちらもカレーをどんな仕上がりにしたいかによります。

水分を限界まで飛ばせば、とろっとしたカレーになりますし、軽く色づく程度でやめれば、さらっとしたカレーになります。

メイラード反応とは、あくまで火を通すことで辛味が飛び、相対的に甘さが強くなる現象です。甘さが前に出てくるだけで、もともと甘みが存在していないわけではありません。

なので「炒めきらなくても甘さは出るから大丈夫」という考えのシェフもいます。

でし

日本人の場合は
とろっとカレーが好きな人が多いよね

にいさん

てことはみじん切りして
色が変わるまで炒める方がいいのかもね

みじん切りも長時間炒めるのも面倒ですが、そこを怠るとさらっとしたカレーになります。

とろっとしたカレーが好きだ という方は、ぜひみじん切りして、飴色になるまで水分を飛ばしてみましょう。

まとめ

ぜひ好みに合わせて、タマネギの切り方を調整しましょう。まとめです。

まとめ
  • みじん切りすると とろっとカレーになる
  • 薄切りすると さらっとカレーになる
  • 限界まで炒めると とろっとカレーになる
  • 軽く炒めると さらっとカレーになる
  • 手間をかけると とろっとカレーになる

カレーの他の記事もぜひ参考にしてみてください。
>>>カレーをスパイスから自作してみる!カレールーはもう卒業 / 知識編
>>>カレーをスパイスから自作してみる!カレールーはもう卒業 / 実践編

Twitterもやってます!